« 笹原智美君、安らかに… |メイン| 春探し… »

「真の保守」とは

2017年04月10日 (月)

 「このたび私が民進党を離れる決意をした最大の理由は、
  保守政治家として譲れない一線を示すということであります。
  共産党との選挙共闘という党方針は、私にとり受け入れ難いものです。
 (中略)
  個々の共産党議員は、みな優秀で正義感にあふれ、
  真剣に議会活動に取り組んでおられます。
  政策の方向性は異なれど、その質疑内容には常々敬服しておりました。
  しかし、衆議院議員選挙は「政権選択の選挙」です。
  そこにおいて、国家観も、目指すべき社会像も著しく異なる
  共産党と選挙協力をするということは、
  (中間選挙的な色彩の強い)参議院議員選挙で選挙協力を行うこととは
  本質的に異なります。したがって、国民の理解を得ることは難しいと考えます。
 (中略)
  「真の保守」とは何か。それは、我が国の歴史と伝統を貫く
  「寛容の精神」を体現したものだと考えます。
 (中略)
   私は、「真の保守」というのは、国際社会でも通用するような
   歴史観や人権感覚を持ち得ねばならないと考えております。
 (中略)
  「真の保守」は、左右の主張を包摂しつつ、
   対立点について粘り強く説得に努め、
   この国に「秩序ある進歩」(私の尊敬する小泉信三の言葉)
   をもたらすことに力を注ぐべきではないかと考えます。
 (中略)
   私は、ここに、特定の党派から独立した一人の保守政治家として、
   我が国を取り巻く内外の諸課題と真摯に向き合い、
   あるべき政治のかたちを創り上げるために、
   私の問題意識を共有してくださる同志の皆さんと共に、
   中庸を旨とした「真の保守」政治の確立という大義の実現を
   目指して行動を起こすものであります。
                     衆議院議員 長島昭久」

ジョンズ・ホプキンス大学国際高等問題研究大学院(SAIS)同窓の長島昭久さんより配信を受けたメルマガからの抜粋です。

党派やその行動の是非などを超えて、「真の保守」に対する想いを共有したいと思います。

過去の子育て知事日記