« 母の5回目の命日に |メイン| 天然物と養殖物〜ニッスイ・山下伸也さんのお話 »

「秋田槻」会

2017年05月09日 (火)

「槻木」(つきのき)を「槻」で代表する「秋田槻」会。

異業種間交流、というテーマでの団体です。
「槻木」は「ケヤキの木」の旧名で、ケヤキは秋田市木。

「『地方創生』の正体〜我が国の行く末と秋田の将来」と題して、講演。

  「秋田県には国宝がある!大仙市の線刻千手観音像等鏡像。
   重要無形民俗文化財が1番多い県は?秋田県(17件)。
   2番目の愛知県(12件)にダントツ差をつけてトップ。
   なまはげ、竿燈、かまくら.....数多い。
   秋田県は文化のレベルが全国でも高い。これをいかに継承するか、
   残すか、よりよい形にして世界に発信するか!
   秋田には商品も文化も世界に発信すべきものがたくさんある、
   その価値がある!」

FBにアップしてくださった方の私の講演の要約です。

地方創生、と言っても、結局は、その地方が「粋」に想い、元気にならなきゃ!

そこが「正体」なのです!

こうした機会を与えてくださった阿部敬さん、ありがとうございます。

過去の子育て知事日記