« 米国留学中の二男の競技後インタビュー放映を観て |メイン| 御神輿担ぎの遍歴 »

戦友との再会

2017年05月17日 (水)

「あれ以来、20年だね・・・」

そんな会話を交わして再会した富井聡さん。
現在、日本政策投資銀行取締役常務執行役員(企業ファイナンス、企業投資部担当)です。

その20年前、我々は、預金保険機構にて、次から次へと訪れる金融機関の破綻を処理していました。

私は、今で言うところのメガバンクを一時国有化し、特別公的管理銀行として運営しながら、最良の再生モデル提示者に売却委譲する、という役割。

富井さんは、破綻地銀などに金融整理管財人団を送り、立て直す役割。

いずれも、預金全額保護の下で行われた破綻処理でした。

富井さんは、その経験がその後も活かされ、企業ファイナンス、企業再生の道をひたすら歩み続け、現在のポストに赴かれています。

「この道一筋なだけに、実は、この20年間、部署が変わって送別会を催してもらうという経験を一度もしたことがないんですよ」

笑いながら語る富井さんには、この世界に対する大きな自信と自負を感じることが出来ました。

過去の子育て知事日記