« 「神道は日用の間にあり」 |メイン| 「負ける練習」 by 相田みつを »

スティーブン・ジョブズの卒業式式辞 at スタンフォード大

2017年06月05日 (月)

Apple創業者スティーブン・ジョブズによるスタンフォード大学卒業式での式辞に聞き入りました。

今から12年前、2005年6月12日のことです。

1)スタンフォード大を中退し、美学を学んだこと。
2)自分が創業した会社を解任され、新たな会社で新技術を開発し、再雇用されたこと。
3)ガン告知を受け、人生の本質と向き合うようになったこと(結果的に治癒可能な稀なガンであった)。

1)は、アップル製品の、そしてフォントの美しさに繋がったこと。
2)は、アップル製品の高度な技術に繋がったこと。
3)は、アップル製品の本質を見極めた形状、機能に繋がったこと。

中退しなければ、解雇されなければ、ガン告知されなければ・・・

要は、現在の点は将来の点とどう結びつくか、それは過去を振り返ったときにのみ分かるのであって、現在から将来に向かって分かるものではない、という趣旨の言葉でした。

そして、最後に、学生たちに向かってこういうのです。

"Stay Hungry. Stay Foolish. And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you."

(ハングリーであれ。愚か者であれ。私自身、いつもそうありたいと思っています。そして今、卒業して新たな人生を踏み出すあなた方にもそうあってほしい。)

生前、一度でも良いから、お目にかかりたかった−−−

過去の子育て知事日記