« 夏井昇吉と古森義久 |メイン| 「わたしの会社」〜未だに知らない山形シリーズ(2) »

共生はなかなか難しい…

2017年07月07日 (金)

国際教養大学では、金曜日午前の出講のため、木曜日に前泊します。

宿泊するのはゲストハウス。
9割強の学生が住んでいるキャンパス内の宿舎の一角を開放してもらっています。

その部屋が並ぶ端に、ピカピカ点滅する赤い光を見ました。
普段見慣れない光景なので、近づいて見てみました−−−

そのさらに向こうは森林。
見れば、左右にも何本か点滅灯が置いてあります。

あっ、クマ対策だ−−−

すぐ分かりました。

大学キャンパスは、秋田県立中央公園の一角にあります。
従って、自然環境一杯。

それだけに、熊の出没が頻繁です。

そのたびに、大学から"Bear Alert"と題するメールが送られてきます。
各所にはクマ撃退用のスプレーも準備した、と。

過保護の影響なのか、気候変動の影響なのか、はたまた荒廃した森林の影響なのか…

人間と熊との共生は、なかなか難しいですね…

今日は、たなばた ---

過去の子育て知事日記