« 共生はなかなか難しい… |メイン| 長男、21歳の誕生日に »

「わたしの会社」〜未だに知らない山形シリーズ(2)

2017年07月08日 (土)

「『わたしの会社』祭」に行ってきました。

きっかけは、山形市役所勤務の友人・大場俊幸さんから伺ったこと。

 「激戦区山形で僕が好きなパン屋を選ぶとしたら、
  『わたしの会社(桜舎)』(中略)
  徹底的にこだわった素材ばかり(中略)
  信じられないかもしれませんが、知的障がい者を中心とした
  就労訓練所なんです。だから、営業は平日のみ。(中略)
  それが、今週8日(土)はお祭りなのでオープン。」

http://watashi-no-kaisha.net/cafe/

「福祉の心で買うんじゃなくて、本当に美味しいから」の一言が効きました。

決して広くはない店内。
一歩足を踏み入れると、ほのぼのとする雰囲気が実に良く伝わってきました。

どれを眺めても美味しそう。
土曜日午前中恒例の運動の後でしたので、空腹感も手伝って、ますます。

結局、3種類のサンドイッチを買い求めました。

そのうちの一つをご披露すると−−−

 「フムスサンド”ぷれーん”
   原材料:国産無農薬小麦 有機ひよこ豆 有機豆乳 有機栽培玉葱
       有機レーズン天然酵母(自家製) マスコバド糖
       有機オリーブオイル 菜種油 有機マスタード
       有機レモン 自然塩(海の精) 有機栽培にんにく
       有機ごまバター ハーブソルト」

買い求めたサンドイッチを入れてくれた袋は、一枚一枚手書きの、従って全部異なる絵柄付き、ということにも感動しました。

これは、これは、と喜び勇んで帰宅しようとすると・・・

 「さいとうさん! 私、Hです!」
 「あっ、Hさん! ご無沙汰です!」

偶然にも、かつて職場を共にしたHさんとお目にかかりました。
祭りのお手伝いをしていたHさん、ご一緒にお手伝いしていた方々ともお引合せ頂きました。

そして、そこで販売していた鶏の唐揚げ、こんにゃく、煮玉子も合わせて買い求めました。

今日は、実にぜいたくで、今まで口にしたことのないような美味しいお昼ごはんとなりました。

他方、かつて、まさにご近所に住んでいたのに、こうしてみんなで頑張っているところがこれほど近くにあるのを知らなかったこと自体が、恥ずかしくさえ思えました。

大場さん、Hさん、ありがとう!

過去の子育て知事日記