« 国際教養大学の秋学期スタート |メイン| 約1年振りの海外へ »

ついに9秒台が出た、9秒98!

2017年09月09日 (土)

男子100m走で、桐生祥秀選手(東洋大)が、9秒98と、ついに9秒台を記録しました。

これまでは、伊東浩司選手が19年前の1998年に記録した10秒00。

桐生選手は2013年(高校3年)時に10秒01と歴代二位を記録したときから期待されてきましたが、ついに、という感じです。

小学校の時から走ることが好きだった私は、図書館で見たグラビアに載っているボブ・ヘイズの東京オリンピック100m走スタートの姿が目に焼き付いて今でも離れません。

その時、つまり1964年10月時点でのヘイズの記録は10秒0。

桐生選手は、その半世紀の壁を乗り越えて、ついに日本人選手として9秒台を記録したのです。

なぜか、自分のことのように、嬉しさでいっぱいです。

過去の子育て知事日記