« 「国家の運命 を々しく 負はむ」 |メイン| 東高東音会互一会 »

「丹精は 誰しらずとも おのづから…」

2017年10月07日 (土)

 「丹精は 誰しらずとも おのづから
        秋のみのりの まさる数々」(二宮尊徳)

 (精進している人の仕事は、誰にも見向きされなくても、
  <秋に実がなるように>時がくれば自ずから結果として見えてくる)
                    『三才獨楽集』

そう信じて、取り組みを続けるのです…

過去の子育て知事日記