« 「丹精は 誰しらずとも おのづから…」 |メイン| 八波會30周年記念式典 »

東高東音会互一会

2017年10月08日 (日)

もう30年以上になります−−−

昭和51年県立山形東高等学校の音楽部を卒業した仲間、そして家族で、恩師の瀧口正彦先生を囲みながら、一年に一度、一泊二日の集まりを始めたのは。

今年は、いろりの里「田田」(山形県三河町)。
合計10名の参加。

家族の集まりですから、食事や近況報告をしていると、かつては、例えば食事会場を走り回る子供たちも多数参加していました。

その時、「いつか、この子供たちも大きくなったら、また我々だけになるんだろうね」などと話していたことを思い出します。

そして、それが現実となった今…

帰りは、荘内神社へ(鶴岡市)。
石原純一宮司さん、実は、我々と同じ歳で、還暦。
喜寿の恩師、還暦の我々の一人ひとりの名前を神様にご報告頂き、ご祈祷して頂きました。
そして、宮司さんは、こうおっしゃいました。

「さあ、これで、生まれ変わりました!」

リセット、というよりは、生まれ変わりです、とも。

さあ、あとは、私自身の精進次第、ですね。

過去の子育て知事日記