« 都道府県魅力度ランキング、山形県38位、東北最低ランク |メイン| シェイクスピアに学ぶリーダーシップ »

高株価が物語るもの

2017年11月15日 (水)

株価(日経平均)が高値を記録しています。

11月7日には22,937円を付け、1992年以来およそ26年ぶりの、バブル崩壊後の最高値を更新しました(本15日は22,028円)。

最近2カ月で3,000円以上値上がりした、ということになります。

衆議院選挙の結果を受け政治の安定性が将来に好影響を及ぼすとして海外が見直している、と見る向きもあります。
「来年にかけて25,000円を目指す」との見方も。

私は、基本的には、既往最高水準の内部留保を抱えた企業が運用先を探っている、と見たほうが良いのではないか、と思っています。

いずれにしても、我が国の企業や消費者のマインドが好転することは、今後の経済の循環に好影響を与えますので、期待して見ていきたいと思います。

過去の子育て知事日記