« 花粉症の皆さん、どうぞお大事に |メイン| 「そだねー」 »

誠心

2018年03月06日 (火)

  『神感(しんかん)は清水へ月の宿るが如く
   誠ある人の心には
   神明感応(しんめいかんのう)ましますなり』
                (伴部安崇 ともべやすたか)

神に祈って何のききめがあるのか、と問う人に対する一つの答え、だそうです。

「月の輝きが、美しく澄んだ清水の表面に、
 又その奥底まで、影をおとすように、
 人にして誠心(誠心誠意)を以て、
 神に祈るものに対しては、
 神は必ず感応ましますものであるとしたものである」
(世間一般の人々にわかりやすく神道を説いた『神道野中(のなか)の清水(しみず)』より)

過去の子育て知事日記