« 米朝首脳会談が復活の兆し |メイン| 昭和天皇とマッカーサー元帥の写真が駐日米国大使公邸居間に! »

中曽宏さんのこと

2018年05月29日 (火)

私の母校であるジョンズホプキンズ大学大学院SAISの講演会に参加しました。

題して“Japan in a Changing World”
於 国際文化会館。

もちろん、同窓生として積極的に参加したわけですが、今回はさらに「どうしても参加したい」と思わせる要因が一つありました。

先に日本銀行副総裁を退任した中曽宏さんが4人のパネリストの一人として登壇したからです。
中曽さんは私がかつて日本銀行に勤務していた時代の直属の上司。
国際局国際金融化国際機関係という、日本銀行総裁が参加するG7等の国際会議の事務局機能を果たす部署の係担当服調査役、いわゆる係長でした。
私は、IMFから日本銀行に復職し、その係員の中で最も年長であったため、テーブルマスター、いわゆる兵隊頭でした。

今日のパネラーの発言の中で、中曽さんの発言は際立っていました。
まず、準備万端で臨まれてきたこと。
また、理路整然とした組み立てであったこと。
そして、何よりも、時折交えるsense of humorが光ったこと。

とても嬉しくなりました。
そして、誇りに感じました。

さすが、です。

過去の子育て知事日記