« 読むスピード |メイン| 日米首脳会談、ふたたび »

竹製足場

2018年06月06日 (水)

足場を竹で組んでいくことは、中国建築工法の特徴の一つです。

はたから見ると、「竹で大丈夫なのかな…」と不安に思えます。

鉄などの足場を組んでいくには地上から積み重ねていく以外に方法はないわけです。

しかし、中国工法の竹の場合、高層建築でも、地上に足がついていなくとも、途中から足場を立ち上げることが出来る、というフレキシビリティを持ち合わせています。

が、近年、問題も出てきたようです。

竹と竹をつなぐ結束紐はプラスチックとなってきているそうです。
力は分散しません。

これに対し、伝統的な竹を原材料にした結束紐は、重さがかかればかかるほど締まりも良くなります。

この意味で、現代ではややリスクが増している、とも言えるのかもしれません。

いずれにしても、現場を見るにつけ、人間の知恵に思いを致します。

過去の子育て知事日記