« 既視感〜加齢による?体調変化(その2) |メイン| めっきり涼しくなり… »

尾畠春夫さんのこと

2018年08月15日 (水)

山口県周防の理稀(よしき)君2歳、行方不明となって3日後の本日無事発見されました。

よかった、よかった!

発見したのは、尾畠春夫さん。

警察消防総勢百数十名を投入し発見に至らなかったにもかかわらず。
大分県からボランティアで駆けつけた78歳。
今朝入山後20分で発見に至ったのでした。

「子どもは坂を下ることはしない、上る習性がある」

かつての活動経験からの教訓を活かしたのでした。

それだけであれば、「すごいなぁ〜」と。

しかし−−−

南三陸町の佐藤仁町長のFacebookを読んで、驚きと感動でいっぱいなりました。


「8月15日 13:30
 尾畠さん、あなたは凄い…❗❗❗
 山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳の男の子が、今朝早く無事発見されました…❗
 良かったですね〜❗
 ところで、発見したのが大分県からボランティアで駆けつけた尾畠さんという方…❗
 実は、この尾畠さんは震災直後から南三陸でボランティアに従事してくれていた方です…❗
 震災で家屋の7割ほどが流出し、それとともに思い出の品々も流されました…❗
 その時に立ち上げたのが『思い出探し隊』…❗
 尾畠さんには、その隊長に就任して頂いて、多くのボランティアの皆さんの取りまとめ役を担って頂きました…❗
 義に厚く、情に深い方で、涙を流しながらガレキの中から『思い出の品』を探しあててくれました…❗
 その尾畠さん、78才になってもボランティアで活躍されている…❗
頭が下がります…❗ あなたは凄い…❗」

尾畠さん、あなたは、信念の人、鋭感の人、清心の人、です!!!

感謝。

過去の子育て知事日記