« めっきり涼しくなり… |メイン| お盆での墓参 »

多摩御陵へ

2018年08月18日 (土)

畏れ多くも、多摩御陵に、初めて参拝いたしました。

但し、多摩御陵は古い名称。
現在は、武蔵陵墓地、と呼ぶそうです。

正面入口から表参道を歩くと、まず右側に昭和天皇がお眠りあそばされる武蔵野陵、その向かって右隣には香淳皇后の武蔵野東陵。

奥に歩みを進めると、大正天皇がお眠りあそばされる多摩陵、やはりその右側には貞明皇后の多摩東陵。

さらに奥には、踏み入ることができませんが、すでに道が配置されており、一部ブルーシートが被せられている「工事現場」がありました。

ふと、明治天皇はどこにお眠りあそばされておられるのだろう、と調べてみました。

 「伏見桃山陵は、京都府京都市伏見区の桃山丘陵にある明治天皇の陵。(中略)陵の敷地の桃山は、豊臣秀吉の築いた伏見城の本丸跡地で、京都に墓所が営まれたのは明治天皇の遺言によるものという。すぐ東には皇后である昭憲皇太后の伏見桃山東陵が隣接する。(中略)幕末の孝明天皇についで火葬にせず、天武天皇以前の古制に戻した。(中略)歴代天皇の陵は本陵に至るまで、すべて近畿以西に作られているが、大正天皇(多摩陵)と昭和天皇(武藏野陵)の各陵は東京都八王子市の武蔵陵墓地に作られている。」

ありがとうございました。

合掌。

過去の子育て知事日記