« 早朝の西の空に、大きな虹が! |メイン

「楽しきと思うが 楽しき本なり」

2018年10月02日 (火)

 「楽しきと思うが
  楽しき本(もと)なり」
             (松平定信)

 幸せも不幸せも考え方一つだ。
 どのような境遇にあっても、
 そこに楽しみを見つければ、
 幸福になれるのである−−−

そんな意味でしょうか。

『寛政の改革』を主導した松平定信ならではの言葉です。

過去の子育て知事日記