« 令和時代を迎えました |メイン| 毅然とした「大人」の対応を! »

創始の力

2019年08月01日 (木)

8月入りとなりました。

 「新暦一日(ついたち)ですが、本暦も一日(旧七月朔日)にあたります。
  一日(ついたち)は「月立ち」で新月の日です。
  この日は、創始の力が働くそうです!
  何か新しい事を始めたり決めたりするのに、
  きっと最高の日になりますね!」  (林英臣氏)

そんな一日にしようと、誓いを新たにする日となりました。

ちなみに・・・

 「日本ではいまから147年前の
  明治5年(1872年)までは新月を朔日(ついたち)とする
  太陰太陽暦という暦を使用していました。
  月の始まりの日は必ず新月なので、朔日(ついたち)とは
  月が新しく出発する、月発ち(つきたち)のことで
  新月から次の新月までが、一つの月のくくりでした。

  2019年8月1日は現在使用している西暦と太陰太陽暦が一致するので、
  8月3日は三日月、8日が上弦、15日は十五夜満月、23日が二十三夜下弦
  となるので月の形と日付が一致します。

  月の歴にリセットするにはとても良いシチュエーションとなっております。
  日本は新月を始まりとした暦を千年以上使用してきた民族です。
  今月は是非過去のDNAに刻まれた記憶を呼び覚ましてみてください。」
                (「Moon Wave Project」より)

過去の子育て知事日記