« 泳ぎからの心地よい疲れ |メイン| 渋野日向子選手、女子ゴルフ全英オープン優勝 »

木製簡易スプーン

2019年08月05日 (月)

先日、駐日米国大使館にお招きを受けた時のこと。

テーブルにチーズやクラッカーとともにスプーンとフォークが置かれていました。
しかも、それらは、明らかに木製でした。

プラスチックゴミに対する社会的取り組みが本格化しています。
例えば、スターバックスではプラスチックストローを取りやめた、と。

そうした動きを受けてのことでしょう。
良い、と思われることは、躊躇なく実行する。
しかも、いわば「社会的現象」として、広まりを見せる。

これが米国流、米国の機動力、米国の革新、と受け止めました。

当然プラスチックごみ問題はこれまでも声高に指摘されてきました。
が、誰もが知っているスターバックスの動きに端を発し、共感を呼び、社会的現象となりつつある、と言っても過言ではありません。

その意味で、同社の英断に心から敬意を表します。

我が国にも世界的影響力のある企業が多数存在します。

さて、我が国に現れるか、第二のスターバックス的現象を巻き起こす企業が・・・

過去の子育て知事日記