« 92歳で返り咲いたマハティール・マレーシア首相の言葉 |メイン| 人間ドック »

即位礼正殿の儀

2019年10月01日 (火)

 「高御座(たかみくら) 天(あま)つ日嗣(ひつぎ)と
  日の御子の 受け伝へます 道は斯の道」 (本居宣長)
              (令和元年10月「生命の言葉」より)

「即位礼正殿の儀」(そくいれいせいでんのぎ)が今月執り行われます。

天皇陛下が御即位を国の内外に宣明される儀式です。
 「正殿向かって右「梅の間」より天皇陛下は立纓(りゅうえい)の冠に
  黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)の御装束をお召しになり
  「高御座」にお昇りになられます。
  皇后陛下は御髪を大垂髪(おおすべらかし)に結い上げて
  五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも)をお召しになり
  御帳台(みちょうだい)にお昇りになられます。
  即位を内外に宣明する陛下のお言葉を賜り、
  国民の代表として総理大臣がお祝いの寿詞を述べ、
  参列者全員で万歳を三唱し、陛下の御即位に奉祝の誠を捧げます。」

今月22日、加えて、「即位礼当日賢所大前の儀」、「即位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀」に続き、「即位礼正殿の儀」、そして「祝賀御列の儀」すなわちパレードが賑々しく華やかに・・・

過去の子育て知事日記