« CSISと産経新聞 |メイン| 李登輝総統への追悼メッセージ »

李登輝総統、逝く

2020年07月30日 (木)

李登輝総統が他界されました。

享年98歳。

2007年6月3日、我が山形県の山寺にお迎えして以来交流を続けさせていただいて参りました。

当日の日記冒頭、私はこう記しています。

「李登輝前総統及びご夫人・曽文恵さんを快晴の山寺にてお迎えする。
 長年の夢であった「奥の細道」ゆかりの地を巡る一環としてご来形。」

そして、李登輝ご夫妻をご先導なさっておられたのが国際教養大学の中嶋嶺雄学長でした。
そのご縁で、私は、現在も同大学の教壇に立たせていただいております。

李登輝総統と再会させていただいたのは、2015年7月、松島を訪れられたときでした。

「また山寺にお出でいただきたく存じます」
「山寺にはぜひまた足を運びたいとおもいます」

李登輝総統、当時92歳、そうはっきりとおっしゃってくださいました。

中嶋学長は2013年2月急逝。
そして今回李登輝総統他界。

「私は21歳まで日本人でした」

十数年前に昼食を共にさせていただいた山寺で、李登輝総統がそうおっしゃったことを、今でも印章深く、鮮明に覚えております。

国際情勢多難の折、残念でなりません。

どうぞこれからもこの地域をお見守りください。

安らかに。

合掌。

過去の子育て知事日記