« 大人の対応 |メイン| 日本学術会議 »

「白樺冴ゆる 朝の光に」

2020年10月03日 (土)

 「大君の 母宮の愛でし
  御園生(みそのふ)の 白樺冴ゆる
  朝の光に」
       (皇后陛下、平成三十一年歌会始)

東宮御所の白樺を愛でながら上皇上皇后両陛下に捧げる感謝の御歌です。

「天皇皇后両陛下が平成の時代をお過ごしになられた東宮御所のお庭には、上皇上皇后両陛下が昭和時代をお過ごしになられた際に、慈しまれ大切にお育てになられた、上皇后陛下のお印(しるし)の白樺の木立があります。
 この御歌はそのような白樺の木々が、朝の光をうけて白く輝いている様子を、この美しいお庭の景色を御覧になりながら二十数年間過ごしてこられたことへの感謝のお気持ちを込めて、お詠みになられたものです。」
             (神社庁「生命の言葉」令和二年十月)

過去の子育て知事日記