« 日本学術会議 |メイン| シンクタンクへの資金提供先開示 »

コロナ禍の中での人間ドック

2020年10月05日 (月)

毎年恒例の誕生日月の人間ドックにやって来ました。

コロナ禍の中で大病院に行くのは初めてです。
そして、その対応に、さまざまな変化・変更を見て取りました。

まさに、医療関係者の方々に、頭が下がります。

まず、入り口では、警備の方が、検温と手の消毒液を一人ひとりに噴霧します。

受付も、もちろん透明の盾。

人間ドックの最初は、血圧・身体測定と採血です。
血圧計も体重計も前の人が終わったらすぐにアルコール消毒です。
採血も透明盾を介してなので、看護師さんはとてもやりにくそう。

説明会も集団ではなく個室寝室にアナウンスにて。
昼食も、これまでは食堂でしたが、今回はお弁当が各部屋に運ばれました。
夕食は、閉店後外来者がいなくなったところで、三々五々取ります。

そして、最も注目したのが、内視鏡検査でした。

普段どおり、医師と看護師一人で対処してくださいました。
診察が終わると、数人の防護服らしきものを着た数人の方が出てきました。
そして、一斉に、それまで使用していた内視鏡カメラや周辺の消毒を始めたのです。

これまで以上に丁寧に、念入りに、使用後の衛生を保つための対処です。

通常通りでも大変な作業ですが、それ以上にさまざまな配慮を怠れない病院。
精神的にも大きな負担だろうと想像するに固くない光景でした。

本当にありがとうございます。

過去の子育て知事日記