« こうした時代だからこそ、より積極的な生き方を! |メイン| 箱根駅伝(第97回) »

予測と実態

2021年01月02日 (土)

昨年初に「国内外展望」として挙げていました−−−

 ‥豕オリンピック・パラリンピック開催
 ▲リンピック特需以降もインフラ更新需要旺盛で景気を下支え
 K鳴鮮情勢から目を離せない中で、米朝、米中関係は予断を許さない
 て韓、日中、日露関係は本質的には変化を見出し難い
 ゥ肇薀鵐彗臈領が再選をかける米国大統領選挙
 ε豕オリパラ後(かつレイムダック化する前)に衆議院解散総選挙
 Щ卩は「政権交代」の年(戦後6回あった子年のうち5回政権交代)

予断を許さない米中関係、変化のない日韓・日中・日露関係以外は、全て「ハズレ」という結果に。

 ‥豕オリパラ開催されず(一年延期した本年開催)。
 景気は極端に落ち込み(全世界で10%程度のマイナス)。
 K鳴鮮も小康を保ったまま。
 ぁ瞥0貪中)
 ゥ肇薀鵐彗臈領再選ならず。
 衆議院解散総選挙なし。
 Ю権交代起きず。

こう見ると、やはり、コロナ禍の影響がすべての要因、と言っても過言ではないかもしれません。

さてさて、本年の「国内外展望」や、如何。

過去の子育て知事日記