« 春爛漫 風雅の跡に 花吹雪 |メイン| 四半世紀の車 »

生まれてはじめての天ぷら作り

2021年05月23日 (日)

山形では山菜の季節を迎えています。

そして、「お裾分け文化」が花開くときでもあります。
市場には出回りませんので、GDPにも換算されない、しかし人々の豊かさには貢献するのです。
山菜は、山で採取し、それをご近所に配ったりする習慣が未だにある地方ならではの。

それを天ぷらにして、お塩で頂く…

その目的のため、自ら名乗り出て、自分で天ぷらにチャレンジすることとしました。

コゴミ、タラの芽、コシアブラ、ふきのとう、うど、等々。

食卓に並べたところ、家族もおいしい、とたくさん食べてくれました。

チャレンジ成功!

過去の子育て知事日記