« コツを体得する |メイン| 二男、22歳の誕生日 »

明治時代の修学旅行

2021年05月26日 (水)

母校・山形東高等学校では修学旅行がないのが「伝統」でした。

が、本日届いた同窓会会報(第73号令和3年4月20日)によれば、明治、大正と積極的に「修学」および「鍛錬」のための旅行に出かけていた、と。

山形中学(当時)の初めての修学旅行は明治23年(1890年)、向かうは、庄内地方。
旅程は、4月25日から5月2日までの1週間。
明治32年に奥羽線がようやく米沢まで開通したのであるから、全旅程は一部最上川を船で行くのを除き、徒歩!
4月27日に酒田の海岸に辿り着いたときの気持ちは次のようだった、という。

「壮大よ!白き波よ!青き水よ!沖よ!沙よ!
 我等は唯斯く叫ぶのみ」

現在は、車で行けば1時間半ほどで海を眺めることが出来ます。
当時は、どれほど新鮮で、感動した風景だったことか、迫るものがあります。

過去の子育て知事日記