« マイナポータルの進化 |メイン| 何と力強く、感謝に満ち溢れた言葉でしょう! »

フードロス削減を社会ムーブメントに!(その2)

2021年08月28日 (土)

コンビニ・セブンイレブンは、このたび、売れ残り商品を各店舗の判断で、自由に値引き販売ができるようにした、と報じられました。

先日本欄でも取り上げた「スターバックスが、閉店3時間前を目処に2割引する」との報道に続いてのこと。

同コンビニでは、これまで、値引きに当たり、事前申請等を課して事実上値引きを躊躇するような仕組みにしていたそうです。
その事実上の制限につき、公正取引委員会が改善を求めた結果が今回に繋がりました。

廃棄コストを負担してきた店舗の収益改善とともに、フードロスへの対応にもなりますね。

なにせ、セブンイレブンは、全国に2万店舗もあるのですから…

その影響は決して小さくないことでしょう。

過去の子育て知事日記